事前に副作用をチェック|リアップの効果を徹底解説

男の人
髪の毛

継続した取り組みが大切

第一類医薬品のリアップは、定められた用法と容量を守ることが大切です。正しい使用方法は副作用を避けるためにも重要な要素であり、心配な場合は医師に相談してから開始すると良いでしょう。規則正しく使用したうえで、継続が効果を得るコツです。

頭部

育毛剤の作用を理解する

リアップに含まれるミノキシジルは確かに発毛効果がありますが、副作用も同時に持ち合わせています。人によっては発疹等が出ることがあります。それ以上に問題なのは、血圧に影響ができことや心臓への負担がでてくることです。

持病のある人は注意が必要

髪を洗う人

医薬部外品も視野に入れて

日本で唯一発毛効果が認められているリアップ。血管を拡張し血液の流れをよくして、髪の毛の細胞分裂を促進させることで、発毛や育毛の効果があるミノキシジルが配合されています。リアップは第一類医薬品なので、購入時には薬剤師からの説明を受けてからでないと買えないことになっています。薬ですから、効果のある場合もあれば、副作用が出てしまう人もいることに注意が必要です。リアップの取扱説明書に書かれている副作用には、次のようなものがあります。まず、頭皮の発疹や発赤、かゆみやかぶれ、ふけなどの皮膚症状が挙げられます。そして、頭痛やめまい、気が遠くなるといった神経系の症状もあります。しかし、これらの副作用はすべての人に起こるわけではありません。厚生労働省の統計によると、リアップでの副作用の起こる率は約9%となっています。これまでに薬や化粧品などでアレルギー症状を起こしたことのある人、血圧に異常のある人、心臓や腎臓に障害のある人、甲状腺機能障害のある人、高齢者などは、使用前に医師や薬剤師によく相談して慎重に使うようにしてください。これらの症状が現れた場合は、使用を中止して、病院で相談しましょう。病院では、ご自身に起きた症状をしっかりと伝えることが大切です。ご自宅で発生した症状についてはきちんと把握して、具体的に伝えるようにしましょう。そうしたうえで医師と相談します。別の薬を使用するか、様子を見るか、といった対策を取ることになるでしょう。

男の人

人気の発毛剤とは

リアップは高い効果がある発毛剤です。主成分はミノキシジルで、毛根を活性化させ発毛を促す働きがあり、人によってかゆみやほてりといった副作用が出る場合もあります。最近では、メントールなどが配合され副作用を軽減できるものも登場しています。